そうだ カメラ、買おう。

カメラやレンズの紹介など。 思ったこと感じたことを書きます。

HD PENTAX-FA31mmF1.8 Limited

予約していたことをすっかり忘れておりました。

まさかK-3 Mark IIIが先に発売されるとは…「近日中ってことはまだかかりそうだから、HD FA31買っても大丈夫だよね。」と完全に油断していました。

自分の中では、まだK-3 Mark IIIで盛り上がっていたので、今じゃなくても…って感じでしたが、予約してしまったのなら買いに行かないといけません。まあ、どうせ買うんだからいつだっていいんですけど…

ワクワク感がイマイチの中、買ってきました。

 

1.開封する

f:id:pentax-ricoh:20210521214041j:plain

箱です。サイズはsmc版と同じでした。デザインはK-3 Mark Ⅲと同じように、上面に大きなPENTAXロゴが入り、側面の左上のRICOHロゴがなくなりました。今後はこのようなデザインに変更されていくのでしょうか。

f:id:pentax-ricoh:20210521214032j:plain

正面から見て左側に謎のスペース。気になります。

f:id:pentax-ricoh:20210521214037j:plain

レンズを取り出しました。色はブラックです。smc版では3本シルバーで揃えましたが、HD版ではブラックで揃えようと思っています。K-1はブラックをメインに使っているので、ちょうどブラックのFA Limitedが欲しいところでした。良いタイミングです。

色違いで同じレンズを2つ持つのは、嫌なんですけど、これならね、一応ね、違う名前のレンズですから。  ね…

 

2.カメラに装着する

f:id:pentax-ricoh:20210521214046j:plain

K-1に付けてみました。やっぱりブラックボディにはブラックのレンズが良く似合います。このために買ったのだよ…このために。

f:id:pentax-ricoh:20210521214103j:plain

K-3 Mark IIIに付けてみました。でもやっぱりシルバーボディにブラックもいいんですよねー

f:id:pentax-ricoh:20210521214051j:plain

LXにも付けてみました。最近フィルムカメラは使っていませんが、この組み合わせでもいつか使ってみたいです。

 

3.smc版と並べてみる

f:id:pentax-ricoh:20210521214120j:plain

smc版と並べてみました。写真だと分かりづらいのですが、フィンガーポイントの七宝焼の色が少し違います。smc版では新しい個体ほど色が薄くなっていたようですが、HD版ではまた色が濃くなるように調整をしたそうです。私のsmc版は2015年に新品で買ったので薄い方です。

f:id:pentax-ricoh:20210521214108j:plain

あまり注目されていませんが、レンズ銘のフォントも少し変更されています。これは並べてみないと分からないレベルかもしれません。

f:id:pentax-ricoh:20210521214129j:plain

レンズケースも変わったみたいです。smc版(左と中央)では「31/1.8」と書いてありましたが、HD版(右)ではPENTAXロゴのみになりました。ちなみに私の買ったsmc版に付いてきたのは中央の黒いケースで、左にある赤いケースはカメラ屋さんでいただいたものです。赤いのは日本製の頃のものかな?

 

4.写真を撮ってみる

写りについてはまだ試せていないところもありますが、smc版との違いは、ほぼないと思います。ちょっとコントラストが高めな気はしますが、このレンズは変わりすぎてしまうと良くないと思うので、こんなもんで良いと思います。個人的には買い替えるほどではないと思いますが、smc版とは違う色で揃えたいという人にはおすすめですよ。笑

f:id:pentax-ricoh:20210521214027j:plain

PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-FA31mmF1.8 Limited

f:id:pentax-ricoh:20210529102312j:plain

PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-FA31mmF1.8 Limited

f:id:pentax-ricoh:20210529103318j:plain

PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-FA31mmF1.8 Limited

f:id:pentax-ricoh:20210529102306j:plain

PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-FA31mmF1.8 Limited

PENTAX K-3 Mark III

もちろん予約しました。そして買ってきました。

久々にカメラを買うことに、すごくワクワクしました。

こんなに発売日が待ち遠しかったのはK-1以来だと思います。

「まだかな。早く発売日にならないかな。」

なぜこんなにワクワクしているのだろうか。

f:id:pentax-ricoh:20210423130359j:plain

オンラインタッチ&トライには参加しましたが、リコーイメージングスクエアでのタッチ&トライには参加していないので、触るのはこれが初めてです。

カメラを持ってみて最初に思いました。

「ん?小さくないか?」

数字で見るとK-3IIより奥行きは3.5mm小さくなっていますが、幅/高さは3〜4mm大きくなっています。奥行きだけなのですが、小さくなったように感じました。一眼レフは上から見ることが多いので、奥行きが重要なのかもしれません。

ボディカラーはシルバーにしました。Limitedレンズがほとんどシルバーなのでシルバーにしましたが、ブラックもかっこいいのでちょっと悩んでしまいました。K-1みたいに2色買わないよう注意します。

f:id:pentax-ricoh:20210423130341j:plain

f:id:pentax-ricoh:20210423130152j:plain

f:id:pentax-ricoh:20210423130147j:plain

美しいデザインです。今までのPENTAXデジタル一眼レフの中で一番好きです。K-1やKP/K-3/K-3IIの嫌だったところが消えて、すっきりしたように感じます。

f:id:pentax-ricoh:20210423130346j:plain

背面のボタン配置も変わりました。このあたりはカスタマイズできるので、そんなに気にならないかと思いますが、個人的には再生ボタンが押しづらい位置に移動してしまったのが気になっています。K-1/KPではグリーンボタンの下に再生ボタンがあり、片手で持っていても押せたのですが… K-3 Mark IIIでは難しそうです。カスタマイズすれば?って思われるかもしれませんが、グリーンボタンはグリーンボタンで使いたいし、そもそもグリーンボタンはカスタマイズができないので我慢するしかありません。

その再生ボタンがなくなったところには、PENTAXでは初の測距点レバー(ジョイスティック)があります。測距点移動ボタンを押さなくても測距点が移動できるのは便利ですね。今までは、測距点移動だと思って十字キーを押したら、カスタムイメージやホワイトバランスだった…みたいなことが何回もありました。しっかりファインダーや画面の表示見ろ!って話なんですが、こういうことは今後なくなりそうです。

f:id:pentax-ricoh:20210423130350j:plain

さて、新しいカメラを手に入れると、写真を撮りに行きたくなります。今日は金曜日ですが、K-3 Mark Ⅲのために仕事を休みました。残りの時間、このカメラを家で眺めるのもいいのですが、せっかくなので持ち出してみようと思います。どんなカメラなのか。楽しみです。

 

【関連記事】

pentax-ricoh.hatenablog.com

K-3 Mark IIIに色々なレンズを付けてみる

どうかな?似合うかな?レンズ選びは楽しい時間。

f:id:pentax-ricoh:20210423130200j:plain

smc PENTAX-FA31mmF1.8AL Limited

f:id:pentax-ricoh:20210423130156j:plain

smc PENTAX-FA43mmF1.9Limited

f:id:pentax-ricoh:20210423130204j:plain

smc PENTAX-FA77mmF1.8Limited

f:id:pentax-ricoh:20210423130210j:plain

smc PENTAX-A50mmF1.2Special

f:id:pentax-ricoh:20210423130219j:plain

HD PENTAX-DA15mmF4ED AL Limited

f:id:pentax-ricoh:20210423130215j:plain

HD PENTAX-DA21mmF3.2AL Limited

f:id:pentax-ricoh:20210423130235j:plain

smc PENTAX-DA70mmF2.4Limited

f:id:pentax-ricoh:20210423130230j:plain

HD PENTAX-DA20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR

f:id:pentax-ricoh:20210423130247j:plain

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

f:id:pentax-ricoh:20210423130304j:plain

smc PENTAX-DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

f:id:pentax-ricoh:20210423130259j:plain

HD PENTAX-DA*11-18mmF2.8ED DC AW

f:id:pentax-ricoh:20210423130243j:plain

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8WR

f:id:pentax-ricoh:20210423130316j:plain

HD PENTAX-‪D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR‬

f:id:pentax-ricoh:20210423130308j:plain

HD PENTAX-D FA*50mmF1.4 SDM AW

f:id:pentax-ricoh:20210423130312j:plain

HD PENTAX-D FA* 85mmF1.4ED SDM AW

f:id:pentax-ricoh:20210423130324j:plain

HD PENTAX-D FA*70-200mmF2.8ED DC AW

f:id:pentax-ricoh:20210423130329j:plain

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

f:id:pentax-ricoh:20210423130255j:plain

smc PENTAX-FA*24mmF2AL[IF]

f:id:pentax-ricoh:20210423130251j:plain

smc PENTAX-FA*28-70mmF2.8AL

f:id:pentax-ricoh:20210423130224j:plain

smc PENTAX-A MACRO 50mmF2.8

f:id:pentax-ricoh:20210423130239j:plain

smc PENTAX-M40mmF2.8

f:id:pentax-ricoh:20210423130320j:plain

Super Takumar 28mm F3.5

 

【関連記事】

pentax-ricoh.hatenablog.com

気になっていたカメラ「RICOH GR III」を買って4ヶ月が経った

しばらくサボってました。サボりすぎました。すみません。最近は山に行ってはスキーばかりしていて、あまりカメラを触ってませんでした。CP+2021も終わり、これから新製品が発売されるというところ。しっかりやっていきたいと思います。

さて、タイトルにもある通り「RICOH GR III」を手に入れました。PENTAX、WG、THETAと使ってきて、リコーカメラの大ファンの私ですが、唯一使ったことのないブランドがGRでした。

いつかは使ってみたいと思っていましたが、なかなか買う機会がなく。私自身28mmという画角に興味がありませんでした。さらに、うちには富士フイルムX100Fがいます。このカメラは私の大好きなカメラです。GRなんて必要ありません。

ただ、こうやって考えていると、いつまで経っても使う機会なんて訪れないんですよね。機会は自分から作らないと。「合わなければ売ろう」そんな考えで買うことにしました。

f:id:pentax-ricoh:20210410152353j:plain

やってきたのは期間限定モデルの「GR III Street Edition」です。ちょうどいいタイミングで発売されました。見た目重視でちょっと変わったものが好きな私にとっては重要なことです。

Street Editionはボディとリングキャップのカラーが通常品と異なります。ボディはアスファルトをイメージしたメタリックグレー、リングキャップは山吹色に塗装されています。詳細は公式サイトを見てみてください。

www.ricoh-imaging.co.jp

f:id:pentax-ricoh:20210410152558j:plain

が、既に原型はなく…(笑) 自分好みにカスタマイズしています。

山吹色はちょっと主張が強すぎると感じたので、落ち着いた青色にしました。メタリックグレーのボディが、光に当たると少し青っぽく輝きます。これとマッチしていて美しいのです。

グリップに付いているのはSHOTENのウッドグリップです。使い込んでいくほど光沢感が出るそうで、ちょっと楽しみです。

f:id:pentax-ricoh:20210410152535j:plain

ストラップは、ユリシーズのリストストラップを付けました。手を通して少し引っ張るだけで、手首に密着してくれます。長さやサイズもちょうど良く、GRのために作られたかのようなストラップです。

買う前から展示品をお店で何度も触ってきていたので、驚くことは特にありません。あとは実際に使ってみるだけ。

早速購入した翌日から北海道旅行に持ち出しました。ここからはGR IIIで撮った写真を紹介します。

f:id:pentax-ricoh:20210410161419j:plain

帯広で食べた豚丼。南瓜をサービスしていただきました。とても美味しかったです。

f:id:pentax-ricoh:20210410161412j:plain

帯広から阿寒湖方面への移動中に撮りました。少し前まで虹が見えたんですけど、消えてしまいました。

f:id:pentax-ricoh:20210410161506j:plain

オンネトーにも行きました。天気は微妙ですが、ちょっと暗い雰囲気の写真も私は好きです。

f:id:pentax-ricoh:20210410161459j:plain

こっちの方は少し雪がありました。

f:id:pentax-ricoh:20210410161437j:plain

オンネトー湯の滝。温かいお湯が流れています。

f:id:pentax-ricoh:20210410163203j:plain

北海道に来たらこれ。うまい!

f:id:pentax-ricoh:20210410163758j:plain

横浜へ帰ってきました。が、またGRを持ち出しました。

f:id:pentax-ricoh:20210410161632j:plain

このあたりから「28mmって最高!」と思っていたと思います。

f:id:pentax-ricoh:20210410161714j:plain

GRを持ってスキーにも行きました。ウェアのポケットに入るので、今シーズン毎回持って行きました。

f:id:pentax-ricoh:20210410161726j:plain

こちらはカムイスキーリンクス。帰る前に最後にゴンドラで上がって撮った一枚です。

f:id:pentax-ricoh:20210410165604j:plain

富良野スキー場のすぐ近くにあるニングルテラスです。ここは夏より冬ですね。

f:id:pentax-ricoh:20210410165302j:plain

ここは横手山渋峠スキー場です。日本一標高が高いスキー場で、晴れた日には絶景を望むことができます。

f:id:pentax-ricoh:20210410165256j:plain

アフタヌーンティーで食べたケーキ。GRは食事を撮るのに最適ですね。

f:id:pentax-ricoh:20210410165316j:plain

新幹線をパチリ。もうこれ以上後ろには下がれなかったのですが、広角28mmのおかげでなんとか収まりました。

f:id:pentax-ricoh:20210410165249j:plain

手ぶれ補正も搭載されていて暗いところも余裕。このカメラ、なんでもいけますね。

色々撮りましたが、長くなりそうなのでこれくらいにしておきます…

ということで、購入してから4ヶ月経ちました。感想は、「もうこれ1台でいい」です。予想以上に満足してしまいました。買う前は「ちょっと使ってみるだけ」なんて思っていましたが、今はもう手放したくないです。笑

GRいいですね。とにかくシンプルで、何も考えずに持ち出して、シャッターを切っています。スマホのカメラのような感覚で使えて、ストレスを感じませんでした。今まで少し考え過ぎで、疲れていたのかもしれません。もっと写真は単純で良いのだと気付かされたような気がします。

f:id:pentax-ricoh:20210410152626j:plain

 

PENTAXがPENTAXであるための決意。と新型APS-C機最新情報

先日、リコーイメージング公式サイトにて2本の動画が配信されました。動画の内容についてと感想を書きたいと思います。内容については全て書くと長いので私が重要だと思ったことだけ書いておきます。

 

f:id:pentax-ricoh:20200723213940j:image

 

動画の内容

PENTAX STATEMENT 私たちが私たちであるための5つの決意。

100周年という節目に過去を振り返り、私たちが私たちであるために、どうあるべきか考えた。

写真が好きだからカメラを造る。
写真を愛するからこそ、写真をよく知るからこそ、写真好きに選ばれるカメラを造る。
対話するように撮れるカメラを理想とする。
感性と創造力を駆使し、被写体と言葉を交わすように自分だけの画を創れるカメラをめざす。
撮影プロセスまで愉しめるカメラにこだわる。
ファインダーを覗く、ピントを合わせる、シャッターを切る、画を創る。すべての「撮る快感」を追求する。
数値では測れない領域まで挑む。
数値的な高性能だけを求めるのではなく、開発者自身の感性をも盛り込んで深い味わいを追求する。
ユーザーの「写真体験」を資産とする。
ハードウェアだけでなく、撮る、創る、鑑賞する、すべての心躍る「写真体験」をユーザーと共有したい。

Q.ミラーレスはやらないの?

A.一眼レフとミラーレス、どちらが良いか悪いかで製品を作っているわけではない。だが、私たちは特に光学ファインダーを通して光を感じならが撮る一眼レフに力を入れていきたい。写真を撮るプロセスを楽しむ。そういうお客様に向けて一眼レフを作っていきたい。

Q.印象色とは?

A.記憶色とは違い、撮影者が被写体と向き合って心に刻まれた色のこと。カメラとしても撮影の現場でその印象を再現できるようにしていきたい。

Q.製品以外に何かあるか?

A.撮影のプロセスを楽しめるように、写真の使い方楽しみ方も学んでいける講座を展開していく。具体的にはリコーフォトアカデミー。カメラ、レンズだけでなく様々なサービスを提供して長い間のパートナーとなるブランドになりたい。

 

新型APS-CフラッグシップモデルはAPS-C機の常識を撃ち破る

・このカメラのために新型のプリズムを作ったのは2017年。よくやく夢が叶う。そんな気持ち。

・加工の難しい高屈折率ガラスを使用している。

・マウントから背面液晶までの厚みはKPより薄い

・背面のジョイスティックやボタン配置はミクロン単位で調整している。

・シャッターボタンはK-1や645Zと同じく、リーフスイッチを採用。

イメージセンサー、画像処理エンジン、アクセラレーターユニットは新しいものを搭載。

・画像処理の性能が大幅に進化しており低感度の画質に期待してもらいたい。

・デュアルスロット

・シルバーモデルについても検討している。シルバーモデルは特殊な加工をしているので、生産が始まって落ち着いてきた頃に生産するのが望ましい。たが、先にブラックを購入されたお客様が買い換えることや買い足すことがあるので今回はブラックの発売と同時にすることを検討している。シルバーモデルはペンタ部の形状がブラックよりはっきり見えるのでこの形状が好きな方にはオススメ。

 

感想

PENTAX STATEMENTについて

私はミラーレスより一眼レフの方が好きですし、今後も一眼レフを使っていきたいと思っているので、PENTAX STATEMENTについては大賛成です。PENTAXブランドでフルサイズミラーレスを作ってほしいという声もあるようですが、なかなか難しいんじゃないですかね。まず、Kマウントで作るのは現実的ではないですし、新規マウントで作るのも難しいと思います。どちらの方法で発売しても今より良いものができるとは思えません。ミラーレスなのか、一眼レフなのか、よりも"写真を撮る楽しさ"が私は重要だと思います。これからのカメラは性能ではなく"写真を撮る楽しさ"で選ばれる。私はそう思います。

 

新型APS-Cフラッグシップモデルについて

今回の発表で個人的に良かったと思うのは2つです。1つ目はマウントから背面液晶の長さがKPより短いということです。一眼レフを使っておきながら、こんなこと言うのはおかしいですが、やっぱりカメラは小さい方が良いんですよね。カメラは上から見ることが多いので、どうしても一眼レフは大きく見えてしまいます。ここの長さが短くなるだけで小さく見えるんじゃないでしょうか。

2つ目はシルバーモデルが同時発売を予定しているということです。私はK-1のブラックを発売日に買いましたが、本当はシルバーが欲しかったのです。早く欲しかったので仕方なくブラックを買いましたが、翌年シルバーモデルが発表されました。PENTAXユーザーならあるあるですよね(笑) 少し迷いましたが、既に揃えていたFA Limitedレンズがシルバーだったのでシルバーモデルも買い足しました。今も手元に2台ありますけど、やっぱり同じカメラは1台で良いです。メーカーとしては後から出した方がメリットが多いのは分かりますが、ユーザーのために同時にするというのはありがたい話ですね。

HD PENTAX-D FA* 85mmF1.4ED SDM AWを買ってきた

買ってきた。これを楽しみに今月を過ごしてきました。ヨドバシやAmazonでも在庫はあるようで品薄ではなさそうです。買いたかったけど予約していなかった方も是非。

f:id:pentax-ricoh:20200625232304j:plain

f:id:pentax-ricoh:20200625232204j:plain

変わったものは入っていません。

f:id:pentax-ricoh:20200625232414j:plain

CP+に展示してあったモックアップを見ただけで実物を手に取ったのは初めてです。重いことは知っていて買ってるので別にどうでもいいです。

f:id:pentax-ricoh:20200625232519j:plain

フードを取り付けるとかなり大きくなります。

f:id:pentax-ricoh:20200625232557j:plain

前玉は本当に凹レンズでした。フィルター径は82mm。DA*11-18mmやDFA24-70mmと同じです。保護フィルターは付けない派なので径大きくても特に気にしません。

f:id:pentax-ricoh:20200625232625j:plain

マウントはKAF4マウント。K-50以降のボディで使用できます。今度の16-50IIもKAF4と予告されており、今後発売されるレンズは(リニューアルなど除いて)全てKAF4マウントになりそうですね。賛否あるかもしれませんが、個人的には全てKAF4で良いと思っています。

f:id:pentax-ricoh:20200625232709j:plain

K-1に装着してみました。レンズの方が大きくて重いのですが、持ってみるとバランスは良いです。

f:id:pentax-ricoh:20200625232735j:plain

KPは軽くて小さいので、レンズを持ってボディに手を添えるようなイメージです。グリップの引っかかりが少ないのでK-1に比べるとやや安定感はありません。

f:id:pentax-ricoh:20200625232800j:plain

K-3 Ⅱです。こちらはグリップがしっかりしているせいか、KPよりバランスがよく感じます。

色んなカメラに付けてみましたが、私の場合、K-1以外のボディでこのレンズは使わないと思います。D FA*50mmF1.4もK-1以外のカメラと組み合わせて使ったことがありません。フルサイズ機がメインとなった今、APS-Cの良さは「小型軽量」だと思っています。フルサイズ機にはD FAレンズ、APS-C機にはDAレンズ、と使い分けがはっきりしてきています。前はどんなレンズであろうとAPS-C機に付けていましたが、今では大きさと重さでレンズを選ぶようになりました。

f:id:pentax-ricoh:20200625232833j:plain

f:id:pentax-ricoh:20200625232854j:plain

今のところ新世代のスターレンズは全て揃っています。これも新製品を出すのがゆっくりなPENTAXだからできることなんですよね。だから無駄に買っちゃうんだよなぁ。いや?そういう作戦なのか?

f:id:pentax-ricoh:20200625232948j:plain

さて、K-1の充電は満タンです。センサークリーニングも済ませてあります。そして今日は休み。持ち出してみます。

PENTAXの18-55mmは全部で何種類あるのか?

APS-Cサイズのデジタル一眼カメラを手に入れたとき、初めて使ったレンズは18-55mmでした。きっと多くの方がこの18-55mmの焦点距離のレンズを使ったことがあるかと思います。キットレンズとしては超定番。しかし、沼に浸かり始めると、このレンズは使わなくなり、いつしか手元から姿を消します。結局どんなレンズだったのか記憶が曖昧なのです。そんなことを昼休みに考えていたのですが、ちょっと気になることがありました。

PENTAXの18-55mmは全部で何種類あるのだろうか?」

カラーバリエーションも含めて。どうでもいいとは思いつつ、少し気になりませんか?今日はPENTAXの18-55mmを整理することにします。

 

 

smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL

f:id:pentax-ricoh:20200604232029j:image

2004年11月。*ist DSと同時発売。非球面レンズを採用し収差を良好に補正したコンパクト設計。AFでのピント合焦後、マニュアルでのピント合わせが切り替え操作なしでできる「クイックシフト・フォーカス・システム(Quick-Shift Focus System)」に対応。

 

smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL Ⅱ

f:id:pentax-ricoh:20200605170922j:image

2008年2月発売。前作との変更点は異常低分散ガラスを採用したこと。

 

smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL

f:id:pentax-ricoh:20200605184510j:image

2008年10月発売。K-mレンズキット、ダブルズームキットより付属。軽量化するためプラスチックマウントを採用しています。クイックシフトフォーカスは非搭載。単品での発売はされずキットレンズ専用で、多くのカメラと一緒に販売されました。

 

・ホワイト

f:id:pentax-ricoh:20200605185146j:image

2009年1月発売。K-mホワイト、K-xホワイト、K-rホワイト(オーダーカラー)、K-01ホワイトのキットレンズとしても発売されています。

 

・オリーブ

f:id:pentax-ricoh:20200605205234j:plain

2009年4月発売。K-mオリーブに付属。限定1000本。

 

・レッド

f:id:pentax-ricoh:20200605193219j:image

2009年10月発売。K-xレッドに付属。

 

コレジャナイロボモデル

f:id:pentax-ricoh:20200605192807j:image

2009年11月発売。K-x コレジャナイロボモデルに付属。限定100本。

 

TOWER RECORDS× PENTAX RAINBOW

f:id:pentax-ricoh:20200605192550j:image

2010年7月発売。TOWER RECORDS× PENTAX RAINBOW K-xに付属。限定1000本。

 

・ピンク

f:id:pentax-ricoh:20200605204826j:plain

2010年10月発売。K-rピンクに付属。オーダーカラーでも、グリップカラーに関わらずボディカラーがピンクであればこのレンズが付属します。

 

BONNIE PINK MODEL

f:id:pentax-ricoh:20200605193824j:image

2011年3月発売。K-r BONNIE PINK MODELに付属。限定100本。

 

・ホワイト(K-S1ver)

f:id:pentax-ricoh:20200605204907j:plain

2014年9月発売。K-S1 ホワイトに付属。以前のホワイトと異なり、ピントリングとズームレンズがグレーになっています。

 

smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR

f:id:pentax-ricoh:20200605191010j:image

2009年6月発売。K-7と同時発売。簡易防滴化されました。その他は18-55IIと同じ。

 

smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL WR

f:id:pentax-ricoh:20200605204951j:plain

2013年5月発売。K-50に付属。こちらも"L"が付いているので単品発売はされないキットレンズです。マウントはプラスチックでクイックシフトフォーカスは非搭載。その他は18-55WRと同じです。

 

・ホワイト

f:id:pentax-ricoh:20200605205027j:plain

K-50ホワイトに付属。オーダーカラーでも、グリップカラーに関わらずボディカラーがホワイトであればこのレンズが付属します。

 

・ピンク

f:id:pentax-ricoh:20200605205047j:plain

K-50ピンクに付属。オーダーカラーでも、グリップカラーに関わらずボディカラーがピンクであればこのレンズが付属します。

 

 

以上です。全部で15種類。

漏れはないはずですが、何か忘れてるモデルがあったらすみません。中には100本限定もあり、全て集めるのは厳しいですが、並べてみたさはあります。

しかし、こうやって調べると時代と共に18-55mmも変化していることが分かります。2004年、初代18-55では非球面レンズのみでしたが、2008年発売の18-55IIから高画素化に備えて異常低分散ガラスを採用しました。その後2009年発売のK-7の頃には簡易防滴化されました。なぜこのタイミングだったのかは疑問ですが、当時はDA*16-50を除くと防滴構造を採用したレンズはなかったはず。せっかくカメラが防塵防滴なのにこれ一本では選択肢が狭いです。18-55WRなら安価であり、キットレンズとしても最適です。より多くの人に防滴のPENTAXを使ってもらえるようになったのではないかと思います。2015年にはK-50が登場しエントリーモデルのカメラでも簡易防滴が採用されるようになりました(K-30はミドルクラスとして)。これに合わせてキットレンズも防滴化。2014年のK-S1ではホワイトのズームリングとピントリングがライトグレーになりました。このちょっと前にキヤノンのKissのホワイトカラーが発売されて、グリップがライトグレーになっていました。時期的に「PENTAX真似したか?」とちょっと思っていました。さらにK-S1に付属したこのレンズは、フードを取り付ける溝を隠すためのアクセサリーが装着され、見た目がとてもすっきりしているのが分かります。

このように18-55mmはどのカメラにも合うよう変化を続けています。現在は18-50REが登場し、キットレンズとして18-55mmは姿を消してしまいました。18-55WRは単品で販売されておりますが、今これ買う人いるのか?自分だったら18-50REを買うと思います。18-55mm、長いこと販売されていますが、気がついたら生産終了品になっていそうです。